義歯(入れ歯)治療

「噛む」ための入れ歯

虫歯や歯周病治療などでやむを得ず歯を失ってしまったとき、そのまま放っておくと、残った歯やかみ合わせに悪い影響を及ぼしてしまいますので、欠損した歯を補う処置として入れ歯・ブリッジ・インプラントからお選びいただいています。

ブリッジについては、欠損部位によっては適さないこともありますが、入れ歯・インプラントであれば、ほとんどのケースで対応が可能です。

インプラントについて

保険の入れ歯

総入れ歯
総入れ歯

部分入れ歯
部分入れ歯

入れ歯は保険で作ることができますが、歯茎に接する部分(床)がレジンというプラスチック製に限定されます。

比較的安価で修理やしやすいというメリットがありますが、プラスチックの性質上分厚くなりやすく、違和感が出やすい・しゃべりにくい・食べにくいというデメリットがあります。

また熱の伝わりが悪いため、食べ物の温かさ・冷たさを感じにくいのもデメリットのひとつです。

また部分入れ歯は、入れ歯を支えるバネが金属製に限定されるため、見た目があまり良くありません。金具が見えることに抵抗がある方には、保険外の治療になりますが、金具が目立たない入れ歯やインプラント治療をおすすめしています。

金属床の入れ歯(保険外)

歯茎に接する「床」部分が金属でできている入れ歯です。

保険のプラスチック床の入れ歯と比べると効果で、修理がしにくいというデメリットがありますが、強度があり、薄く作ることができるため、お口の中での違和感は比較的軽減されます。

金属という素材の性質上、熱伝導性に優れているため、食事の際に食べ物の温かさ・冷たさを感じることができるというメリットもあります。

コバルトクロム床の総入れ歯


コバルトクロム床
片顎
216,000円(税込)

保険のプラスチック床の総入れ歯よりも耐久性が高く、薄く作ることができるため、違和感を軽減することができます。

コバルトクロムに対するアレルギーをお持ちの方には適しません。

チタン床の総入れ歯


チタン床
片顎
324,000円(税込)

生体になじみやすく、アレルギーを引き起こしにくい金属(チタン)を使用している総入れ歯です。

高価になりますが、コバルトクロム床の1/4の軽さで、より違和感が少ないというメリットがあります。

熱伝導性に優れており、金属味がないことからも、コバルトクロム床の総入れ歯よりも自然な感覚で食事をすることができます。

チタンに対するアレルギーをお持ちの方には適しません。

目立たない入れ歯(保険外)

入れ歯をバネで支える部分入れ歯は、金具が目立つことに抵抗を感じられる方が多く、入れ歯を入れたくないために歯が抜けたまま治療を先延ばしにされるという方もいらっしゃるくらいです。

保険でお作りすることはできませんが、目立たない入れ歯もご用意しておりますので、審美面が理由で入れ歯を敬遠されている方はぜひご相談ください。

ノンクラスプデンチャー

金具(クラスプ)を使わずに、半透明の樹脂の弾性を利用して支える入れ歯です。

保険の部分入れ歯
保険の部分入れ歯

ノンクラスプデンチャー
ノンクラスプデンチャー

歯茎の色に近い半透明の樹脂のバネで支えますので、入れ歯が目立たず、保険の部分入れ歯より見た目が良いというメリットがあります。

ノンクラスプデンチャーの特徴

ノンクラスプデンチャー
ノンクラ
スプデンチャー
129,600円(税込)

ノンクラスプデンチャーの最大のメリットは、目立たないということです。

しかし噛むときに最も負荷がかかる部分が樹脂であるという性質上耐久性がやや劣り、場合によっては3年程度で作り直しが必要となることがあります。

保険で作ることができないため高価であるというデメリットもありますが、薄くて違和感が少ない・残った歯への負担が軽い、弾性があるので壊れにくいなどのメリットもあります。

白い金具の入れ歯

部分入れ歯の金具の色が気になる方は、金具を白いプラスチックで作ることもできます。金具が歯と近い色をしていますので、保険の部分入れ歯より目立ちにくくなります。

保険が適用できないため高価になることと、金属よりも強度が劣るプラスチックで作るため、金具の部分を太く作らなければならないことがデメリットです。
また、耐久性も金属より劣るため、定期的に金具の部分だけ作り直しが必要になることがあります。

今、金属金具の入れ歯をお使いの方は、金具部分のみ取り換えることもできますので、入れ歯全体を作り直す必要はありません。
費用は本数によって異なりますので、詳しくはお問い合わせください。

メニュー


過能歯科医院

千葉県野田市清水1108-3【アクセス
予約専用ダイヤル:0066-9687-017544
その他のお問い合わせ:04-7120-2888