虫歯の予防

「虫歯にしない」が最高の治療です

虫歯の原因

虫歯の原因は、お口の中の細菌です。
ミュータンス菌に代表される細菌が食べ物に含まれる糖分を酸に変え、その酸の濃度が高くなって歯が溶かされてしまうのが「虫歯」です。

歯が溶けて虫歯になることを専門的には「脱灰」と言いますが、ごく初期の脱灰(虫歯)は、唾液の力で自然に修復(再石化)されます。
虫歯の原因となる糖(食べ物)がお口の中に入っている時間が長くなると、酸の濃度が高くなって修復が間に合わなくなり、歯科治療が必要になるのです。

虫歯にならないためにできること

ブラッシング(歯みがき)

お口の中に食べ物が入っていなくても、歯の表面にくっついた汚れ(歯垢)の中で虫歯菌の活発に活動しており、お口の中の酸化が進みます。

歯にくっついた虫歯菌(歯垢)は、歯みがきなどで清掃をおこなわないと落とせません。「食べたら歯みがき」の習慣をつけることが大切です。

小さいお子さんは、保護者の方が歯みがきチェックをして、仕上げみがきを手伝ってあげてください。お子さんのブラッシング指導の方法については、歯科医師にご相談ください。

規則正しい食生活

お口の中に食べ物が入っている時間が長いと、唾液が歯を修復する時間が足りなくなって、虫歯になりやすくなります。
時間を決めずにいつも何か食べている「だらだら食べ」はやめて、決まった時間に食事を摂るようにしましょう。

お子さんの場合は間食が「補食」の意味もありますので、「決まった時間にあげる」「食べたら歯をみがく」としてみてはいかがでしょうか。

定期的な歯科検診

定期検診を受けていれば、虫歯になる前にケアすることができます。特にお子さんの場合は、万一虫歯になった場合でも、痛くなる前にケアすることができますので、歯科医院や歯科治療に対する抵抗感・恐怖感を軽減できることもあります。

ご家族揃って定期的に検診を受けられることをおすすめいたします。

ご家族にお願いしたいこと

お子さんを虫歯にしないためには、ご家庭でのお口のケアはもちろんですが、早くから歯科医院でお口のチェックを受けたりフッ素を塗ったりすることも効果的です。

歯みがきや、歯科医院への通院が嫌いにならないようにするためには、ご家族の協力が必要です。

「歯科医院は怖い」と思わせない

お子さんが歯みがきを嫌がったとき、「歯医者さんで歯を抜いてもらうよ!」などと言っておどかしていませんか?

「歯科医院=怖いところ」と思い込んでしまうと、歯科医院に行ったことがないお子さんでも「歯医者嫌い」になってしまいます。
歯科医院や歯科治療に対して、マイナスイメージを持たせないようにしてください。

歯みがきができなくても叱らない

上手にみがけていなくても叱らないで、一緒に歯みがきをしてチェックしてあげるなど、お子さんが歯みがき嫌いにならないように工夫してあげてください。

大人でもみがき残しなく完璧に歯をみがけている人は稀です。お子さんが歯みがきを上手にできないのは「あたりまえ」と思って、サポートしてあげてください。

早くから歯科医院に慣れさせてみる

小さい頃から歯科の雰囲気や治療の音などに慣れているお子さんは、自分の治療もあまり抵抗なく受けられるようです。保護者の通院を利用して、小さいうちから歯科の雰囲気に慣れさせてみるのも良いのではないでしょうか。
当院では、大人の方が歯科治療に来られるとき、子連れでもお越しいただけますので、遠慮なくお子さんと一緒にご通院ください。

メニュー


過能歯科医院

千葉県野田市清水1108-3【アクセス
予約専用ダイヤル:0066-9687-017544
その他のお問い合わせ:04-7120-2888