HOME
医院について > 小児歯科

小児歯科

過能歯科医院では、小さな子供でも通いやすい歯科であるよう努めています。
また、子供の虫歯の治療・予防だけでなく、丈夫な歯を作るための食育の指導もおこなっています。

怖くない歯医者さん

怖くない歯医者さん

子供にとって「歯医者」とは、怖い存在であるようです。
子供の頃の恐怖体験が原因で、大人になっても歯医者が苦手だという方も少なくないのではないでしょうか?

当歯科医院では、「怖くない歯医者さん」であるための努力を惜しみません。子供が安心して通える歯医者さんは、大人にとっても安心な歯医者さんであるからです。

「怖くない歯医者さん」の取り組み

初めて歯科受診する子供に、「機械」を知ってもらいます。

初めて歯科を受診する子供には、最初にバキューム(唾液や水を吸い取る機械)の特徴を体験してもらっています。「音がする」「水を吸い込む」「吸い付いても痛くない」という機械の特徴を知ることで、治療への恐怖心を和らげるのが目的です。

子供には、音が小さな機械を使います。

通常、大人の治療には「キーン」と高い音がする切削機械(エアタービン)を使いますが、この「歯を削る音」が子供にとっては恐怖になることが多いようです。当歯科医院では、子供には音が小さな機械(モーター)を使い、できるだけ恐怖を感じないように注意しています。

子供をほめます

治療を終えた子供に、「泣かなかったね。えらいね。お家の人に自慢していいよ!」などとほめる言葉をかけるようにしています。もちろん、泣いたりわめいたりしたからといって、咎めるようなことは口にしません。子供への声かけに限らず、歯医者さんで気持ちよく治療を受けてもらうための環境づくりを常に心がけています。

虫歯の予防指導

過能歯科医院では、歯のクリーニングやフッ素塗布などの予防歯科治療もおこなっていますが、歯みがき指導など、ご家庭でできる虫歯予防の指導もおこなっています。

子供の歯(乳歯)の表面は大人よりも薄いので、虫歯になりやすくなっています。虫歯予防には毎日の歯みがき(プラークコントロール)が効果的ですが、大人でも完璧な歯みがきができている人は稀です。永久歯が生え揃う11〜12歳くらいまでは大人が歯みがきの仕上げを手伝ってあげるなど、ぜひ保護者の方が意識して子供の歯を守ってあげてください。

子供の虫歯予防

乳歯列期に気をつけて欲しいこと

おやつのあげ方に注意しましょう

乳歯が生え始める頃から2歳くらいまでは、最も虫歯になりやすい時期です。離乳期を過ぎても母乳を与えていると虫歯の原因になりますし、スポーツ飲料を哺乳瓶で飲ませることも虫歯になりやすい一因です。歯が生え始めたらおやつのあげ方に注意し、「食べたり飲んだりしたら歯をみがく」の習慣をつけるトレーニングを始めましょう。

子供の口の管理をしてあげてください

子供は、ひとりでは口や歯の管理をすることができません。歯みがきの仕上げチェックをするなど、家族の方が子供の口腔管理をしてあげてください。乳歯の虫歯は、放っておくと永久歯の萌出に影響をおよぼすことがありますので、子供の歯で気になることが見つかったら、どうぞお気軽にご相談ください。

食育(幼児の食べ方の指導)

食育(幼児の食べ方の指導)

「食育」とは「健全な食生活を実現するために、『食』に対する考え方を育てる」ことで、平成17年制定の「食育基本法」、平成18年制定の「食育推進計画法」によって、日本全体で推進されています。

健康な食生活を営むためには、「よく噛む」ことと「よく噛める歯」が不可欠です。過能歯科医院では、「食べ方」を通して口や歯の健康を守り、健全な食生活を実現するための「食育」を推進しています。

食事のときの「口の様子」は?

幼児期の「食べ方」は、健康の面だけではなく、大人になってからの歯や歯の噛み合わせにも大きな影響を及ぼします。ぜひ保護者の方が、毎日の食事の「食べ方」を注意して見ていてあげてください。

こんな「食べ方」をしていませんか?

これらは、子供たちに多くみられる傾向のものです。全てがそうだというわけではありませんが、歯や顎、噛み合わせに問題がある場合もありますので、気になることがありましたら歯科医師または矯正歯科医師にご相談ください。

矯正歯科