HOME
医院について > 小児歯科 > 子供の虫歯予防

子供の虫歯予防

どうして虫歯になるの?

虫歯の原因

虫歯の原因

虫歯の原因は、口の中の細菌(虫歯菌)です。
虫歯菌が食べ物に含まれる糖を酸に変えるのですが、口の中の酸の濃度が高くなると、歯が溶けてしまいます(専門的には、脱灰といいます)。この状態が「虫歯」です。

ごく初期の虫歯は唾液の力で自然に修復されるのですが(再石化といいます)、口内に虫歯の原因となる糖(食べ物)が入っている時間が長くなると、唾液による歯の再石化が間に合わなくなってしまうのです。この段階になると、歯科治療が必要になります。

一度歯についてしまった虫歯菌は、歯みがきなどで清掃をおこなわないと除去できません。虫歯にならないためには、「食べたら歯みがき」を習慣づけることが大切です。

虫歯はうつる?

虫歯はうつる?

実は、生まれたばかりの赤ちゃんの口の中には虫歯菌が存在していません。
身近な大人から唾液を通して感染することによって、口内に虫歯菌が発生します。例えば、口移しで食事を与えたり、スプーンなどの食器を共有することなどでうつってしまいます。

しかし、身近な大人が口内を清潔に保つようにすれば、感染は防げます。まずは子供の周囲の大人が口腔ケアに努め、口の中の虫歯菌を減らすように心がけください。子供の歯を守れるのは、身近な大人である保護者だけです!

ご家庭でできる「子供の虫歯予防」

早期からのブラッシング指導(歯みがき練習)

小さいうちから、歯みがきをする習慣をつけましょう。もちろん虫歯予防に役立ちますが、早くから口の中を触られる習慣をつけておけば、歯科医院で口の中を治療されることに抵抗を感じにくくなるというメリットもあります。

子供のブラッシング指導の方法については、歯科医師にご相談ください。

食事やおやつの時間を決める(規則正しい食生活)

時間を決めずにいつも何か食べていると、歯の再石化が間に合わなくなって、虫歯になりやすくなります。糖分の多いものを時間をかけて食べる(常時アメをなめているなど)のも、虫歯を作りやすくします。

ただ、子供の間食は「補食」の意味もありますので、虫歯の原因になるからといって、間食を禁止することは好ましくありません。「欲しがるからあげる」のではなく、「決まった時間にあげる」ようにしてみてはいかがでしょうか?

もちろん、食べたら必ず歯をみがくようにしましょう。

定期的な歯科検診

定期検診を受ける習慣をつけておけば、虫歯になる前にケアすることができます。また、万一虫歯になったとしても痛くなる前に治療することができますので、歯科医院や歯科治療に対しての抵抗感を軽減できる場合もあります。

もちろん虫歯の早期発見・早期治療は、大人にも言えることですので、家族そろって検診を受ける習慣をつけてみてはいかがでしょうか?

お父さん・お母さんにお願いしたいこと

「歯科医院は怖い」と思わせないで!

子供を叱るときに、「歯医者さんで歯を抜いてもらうよ!」などとおどかしていませんか? それでは、歯科医院に行ったことがない子供でも「歯科医院=怖いところ」と思い込んでしまいます。
子供が歯医者嫌いにならないよう、歯科医院や歯科治療に対してマイナスイメージを持たせないように気をつけてください。

歯みがきができなくても叱らないで!

子供は歯みがきが上手にできないのが「あたりまえ」です。大人でも、完璧に歯をみがけている人はほとんどいません。大人にできないなら、子供だったらなおさらです。一緒に歯みがきをしてチェックしてあげるなど、子供が歯みがき嫌いにならないように工夫してあげてください。

歯科医院に慣れさせてみましょう

当院では、大人の方が歯科治療に来られるとき、子連れでもお越しいただけます。小さい頃から歯科の雰囲気や治療の音などに慣れている子供は、自分の治療もあまり抵抗なく受けられるようですので、保護者の通院を利用して雰囲気に慣れさせるのも良いのではないでしょうか。

ただし、大人が痛がったり怖がったりする姿を見せるのは逆効果となりますので、ご自身が歯科治療を苦手とされる方はご注意ください。

小児歯科